2012年12月25日

特別講義「金融システムとリスクマネジメント」を聴講しました

12月5日(水)、情報システム工学科特別講義を聴講しました。
この授業は、情報システムが経営組織の中ではどのように役立ち、活用されるかを学ぶ情報システム工学科を対象とした授業です。

今回の講師は、ひろぎんウツミ屋証券(株) 執行役員 営業企画投資情報部長の紙永 誠氏。
「金融システムとリスクマネジメント」と題して講演をしていただきました。

2012120501_kaminaga001.jpg


近年、ニュースなどでよく耳にする金融危機や株式について、資産運用の必要性、株式投資の魅力、方法、メリット、リスクなどについてお話をされました。

2012120502_kaminagazentai002.jpg

低金利時代に、自分の資産を増やす一つの手法として株式投資が紹介されました。
株式を深く理解することでリスクを低減することができ、資産を確実に増やすことができるとのこと。

世界一の大富豪はビル・ゲイツですが、第2位のウォーレン・バフェットは株式投資によって成功を収めたそうです。

株式は増資の手段というだけでなく、社会情勢や経済の動向を知る上でも学ぶ価値がありそうです。
紙永様、貴重な講演していただき有難うございました。

【関連記事】
情報システム工学科の特別講義を聴講しました
情報システム工学科の特別講義「サービス業の生産性向上と経営システム」を聴講しました
情報システム工学科で、SAPジャパン(株)の特別講演を開催しました

投稿者 umeco : 11:37 | トラックバック (0)