2012年05月21日

杉山一男教授 近畿大学ご退職 記念講演会・祝賀会が開催されました

平成24年4月28日(土)15時より、ホテルグランヴィア広島において、工学部で39年間奉職された杉山一男教授の近畿大学ご退職を記念して、卒業生有志らによって講演会・祝賀会が行われました。

杉山先生記念講演の演題は、「学問は尻からぬけるほたる哉」、「面白うてやがて悲しき鵜舟かな」。

              20120428_celebration_001.jpg

長い研究生活の中でのエピソードを交えながら、これまでの研究テーマの変遷をお話されました。聴講された多くの方が、杉山先生とのかかわりを振り返り、胸を熱くしたひとときであったと思います。

記念講演に引き続き、記念祝賀会が催されました。ご来賓、ご家族のほか、卒業生(修了生含)、本学職員など、総勢140名が一堂に会しました。京極工学部長のご祝辞に始まり、杉山先生のご退職を盛大に祝いました。

     20120428_celebration_003.jpg 20120428_celebration_002.jpg

祝賀会では、フルート奏者とピアノ奏者によるミニコンサートや、卒業生によるスピーチも行われ、祝宴に華が添えられました。終始華やいだ雰囲気の中、盛会の内に終了しました。

     20120428_celebration008.jpg 20120428_celebration007.jpg

杉山一男教授近畿大学退職記念誌「学問は尻からぬけるほたる哉」も記念会より刊行されました。大学時代から近畿大学で歩まれた杉山先生の研究等の足跡を伝えるとともに、先生に関わる方々の良き思い出になることを願っています。(左下写真:記念誌表紙、右下写真:記念誌中の杉山先生肖像画)

     20120428_celebration_005.jpg 20120428_celebration_006.jpg


【関連記事】
杉山一男教授 最終講義がありました
【生物化学システムクラスタ】修士学位論文公聴会を聴いてきました

投稿者 umeco : 10:40 | トラックバック (0)