2012年04月09日

新入生のチューターグループ昼食会を取材してきました

4月6日(金)、新入生が学科ごとに授業の履修説明を受けた後、チューターの先生を囲んでの昼食会を行いました。本学部では、新入生が大学生活に無理なく慣れていけるようチューター(担任)制度を採用しています。
例年、屋外で春の陽気の下、お弁当を食べるグループが多くありましたが、今年はあいにく冷え込む天気となってしまい、それぞれ研究室など室内ですごしました。

C館の教室棟から各学科の研究棟へ移動するまで、先生方がガイドとなり、学内施設の見学をしました。

in front of media center.JPG in front of D building.JPG

情報システム工学科 加島先生(意思決定支援システム研究室)のチューターグループは、学科事務室に立ち寄り、レポート提出などこれからお世話になる職員に挨拶をしていました。

guidance at D building office.JPG

昼食はG館のフレッシュマンゼミナールを行う研究室でとりました。昼食中お邪魔し、男子学生に今日の感想を聞くと「(工学部は)男子ばかりのイメージでしたが、雰囲気も良くてうれしいです。」と授業が始まるのを心待ちにしている様子。加島先生のフレッシュマンゼミナールでは大学の授業概要についてガイダンスをした後、レポート作成など大学での勉強方法を学んでいくとのこと。

lunch at ISElab.JPG

次にお邪魔したのは、建築学科 高井先生(都市工学研究室)のチューターグループ。お弁当を食べながら、自己紹介タイム。それぞれお国自慢や高校で所属していた部活について話していました。出身地は兵庫、大阪、三重、福井、大分と多彩でした。

lunch at Architects lab.JPG

最後に、高井先生から大学生活の心得についてお話がありました。新入生は慣れない新生活で体調を崩し授業を欠席することもあるかもしれませんが、欠席した授業は担当の先生としっかりコミュニケーションをとり、出された課題に取り組むとこが大事とのこと。学生一人ひとりにきめ細かなフォローをし、何か困ったことがあった時は気軽にチューター(担任)の先生に相談ができるというこのチューター制度。すぐに同じ学科の友達もできるので、大学生活の始まりであるここでの出会いは一生ものといっても過言ではありません!

group shot with prof.takai.JPG

新入生の皆さん、大学生活とは新しい人生のスタートです。全力で4年間を楽しみましょう♪

 
 【関連記事】
 ・チューターグループ昼食会を行いました
 ・新入生と教員の昼食会
 ・チューターグループでの昼休憩

投稿者 umeco : 13:00 | トラックバック (0)