2012年02月29日

卒業研究発表会を聴講してきました~建築学科編その2~

前回に引き続き、建築学科の卒業研究発表会の様子をお伝えします。

2日目、製図室で行なわれた設計発表では、中村くん(空間創造研究室・京都府立東舞鶴高校出身)の発表を聴講してきました。中村くんのテーマは「Spin ~現代から過去へ~」。

presen_nakamura kun.JPG

京都府舞鶴市を計画地とし、舞鶴湾を臨む地域には観光地はあるものの点在しているため街の活性化にはつながっていないことに着目しました。そこで、点在した観光地をつなぐべく観光施設と遊歩道を建設することで、観光客の流れをつくり、観光スポット周辺も活性化させるという設計計画を提案しました。

<観光施設と山麓に沿った遊歩道>   <質疑応答の様子>
Architects model_nakamura kun.JPG Questions and answers_nakamura kun.JPG

観光施設の機能としては観光・食・コミュニティの拠点として、そして住民の活動空間となるように、というコンセプトで設計しました。また、景観を損なわないようガラス張りで開放感を演出しています。
発表後の質疑応答では、各研究室の先生方から「人の流れをどのように想定しているのか」など具体的なイメージについて質問があり、設計した建築模型を指し示しながら答えていました。

たたみ1畳を優に超える壮大なスケールで設計された建築模型には、中村くんの情熱と郷土愛もたっぷり込められていました。

その他には、鉄筋コンクリートの破壊、せん断実験や断熱材の蓄熱性など、これまでの地道な実験が実を結んだもの、インテリアやユニバーサルデザインについて伝統継承の意義と未来へ発信するアイデアなど、数々の成果と作品が発表されました。

建築学科の皆さん、本当にお疲れさまでした。先生方と語り合った日々を糧に、それぞれの分野での活躍を期待しています!


 【関連記事】
 ・卒業研究発表会を聴講してきました~建築学科編その1~ 
 ・建築学科 退職記念講演会を開催しました~その2~
 ・建築学科 退職記念講演会を開催しました~その1~ 
 ・エジンバラ芸術大学のWelcome Partyを開催しました
 ・建築学科の実験住宅の裏庭に、雨水を蓄える貯水タンクを増設しました

投稿者 umeco : 18:00 | トラックバック (0)