2010年06月14日

気象観測装置を見てきました

G館研究棟裏には、実験用圃場があるのですが。。。

20100608_kisho001.jpg

そこにソーラーパネルの付いた気象観測装置が設置されています。この気象観測装置で、日々の温湿度・風向・風速・降水・日射などを観測しています。その中でも、作物に大きな影響を与える日射は重要な要素の一つとなります。

この気象観測装置は、機械工学科 樹野 淳也 准教授の研究テーマ「自律型ロボットによる環境保全型農業の実現」で大活躍中です!この研究では、局所耕うん栽培を実践するためのロボット開発を中心に研究しており、ロボットの動力を自然エネルギーでまかなうことも検討しています。自然エネルギーを有効に利用するには、現地の気象条件を把握する必要があるようで、この気象観測装置で、日々の温湿度・風向・風速・降水・日射などを観測しています。

20100608_kisho002.jpg 20100608_kisho003.jpg

ところで気になる点が。。。。
さすがに実験の装置として活用しているだけあって、風向測定部分が風見鶏のように装飾されていませんでした(笑)

投稿者 umeco : 09:05 | トラックバック (0)