• KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

機械工学コース機械工学コース
Mechanical Engineering Course

機械工学コースの特色

機械工学コースは、機械系主要分野である材料工学、設計工学、生産加工学、熱・流体エネルギー工学、計測制御工学を網羅した研究領域を柱として、材料加工分野、エネルギー分野、計測制御分野の3分野に大別し、学部での学習を踏まえた、より高度な専門知識を習得できるようカリキュラム構成されています。
学生は選択した分野での専門領域において高度な研究活動を行います。さらに、専門領域を基軸にして、高度情報化社会に適切に対応できるよう、機械工学コースの専門科目やコース横断科目を選択履修することで、幅広く、ものづくりにおける高度な先端技術に関する専門知識を修得させます。自らの専門領域を確立した研究者や高度専門職業人としての技術者育成を目指します。

大学院博士後期課程ではさらに高い専門能力を養成します。

写真

機械工学コースの理念

機械技術を足場に、幅広い専門知識と高度な先端技術を習得することにより、学部における機械工学に関する種々の基礎知識を踏まえた「ものづくり教育」と関連づけながら、機械工学のより高度な専門的学識を身につけさせることを目指しています。そして、個々の学生がその適性や意欲に応じて高度な専門的研究を実施することで、新しい課題の発見や解決能力を修得し、研究者や高度専門職業人としての技術者に育成していくことを教育目標としています。特に、急速に発展する機械システムは、機械技術のみならず、ITやAI技術など複合的工学分野に跨っており、機械システムの設計はもちろん、その構築や運用方式を探求でき、「ものづくり」を通して社会に貢献する研究者及び高度専門的職業人の育成を目指します。

写真

大学院システム工学研究科