• KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

活躍するOB/OG

搬送機器を含めた大型産業機械を設計

(株)神鋼エンジニアリング&メンテナンス
加古川事業所機械技術部 技術室勤務
藤原 昴さん
2006年機械工学科卒業
2008年大学院システム工学研究科修了
兵庫県立加古川北高校出身

巨大なベルトコンベアを敷地内へ巡らす設計。
プロジェクト全体の取りまとめ役にも成長中

神戸製鋼グループの総合エンジニアリングと保守管理を担う会社で、大型の搬送機械を企画・設計する藤原さん。製鉄工程で高炉へ原料を搬送するベルトコンベアなどが、藤原さんの設計によって生み出されます。「仕事のスケールが大きく、最大のものはベルト巾2.2m、長さ1.5kmに及びます。その設備を限られた敷地内へ効果的かつ安全に巡らすことが私の役割。手がけた搬送機械が稼働する瞬間は、月並みですが達成感を味わえますね」と藤原さん。「この案件は君にしかできないから」と言われるのが喜び。現在は2022年に完成予定の大型プロジェクトにも参加。頼りにされる存在になりたいと思い続けてきた意識と行動は、着実な成果ヘ繋がっているようです。

学生時代に得た「振動」への興味も仕事の強み。
硬いだけでなく柔らかい視野と行動も大切に

大学時代は一人で考え行動したという藤原さん。それで得た出会いや体験が無駄になっていないそうです。クラブは軽音楽部に所属、その影響もありギター弦の振動を電気信号に変える支持部が音響に与える影響を卒業研究のテーマとしました。「振動は機械設計で、盲点となりがちな要素。意識できるのは自分の強みと思います」と藤原さん。多くの可能性を後輩へ伝えるお手本です。

※上記は「学部案内2018」に掲載時の情報です。