• KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

活躍するOB/OG

安全で快適な自動車用シートを生み出す

デルタ工業(株)
1開発設計部勤務
2006年 機械工学科卒業
保田 敏江さん
広島県・近畿大学附属東広島高校※出身
※現・近畿大学附属広島高校東広島校

座るだけで終わらないシートの世界。
人間工学にこだわり設計力を磨く。

マツダ関係の協力会社として、自動車用シートや各種部品を開発・生産するデルタ工業。自動車の居住性能に不可欠なシート設計に携わる保田さんは、取引先の要望を限られた予算や納期で生産するため、構造や部品の設計図面はもちろん、素材の選択や生産現場との調整など、その役割はとても多岐に及びます。アポロの宇宙計画に憧れ、家族も技術者だった保田さんは自然に機械工学の進路へ。現在は入社8年目で後輩の手本になることも求められる立場です。「シートは人間工学に深く関わる製品。感覚だけの安心や快適だけでなく、データが証明する性能も必要です。これからも経験を重ね、信頼される存在をめざしたいですね」と保田さんは未来を見据えます。

得られた基礎技術や知識は社会で必ず役立つ。
何のために学ぶかも考えて悔いのない毎日を。

印象深いのは4年次のゼミと振り返る保田さん。材料系の研究を通して、一つのことに集中する大切さを実感したとか。慣れたキャンパスで多くの大手企業と出会えた「学内企業説明会」にも満足したそう。「基本的な知識が大切だと思える場面が仕事では多い。入学してから無駄な時間はありません」とエールを贈ってくれました。

※上記は「学部案内2015」に掲載時の情報です。