• KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

活躍するOB/OG

車の快適走行を支える最先端の部品試験

KYB(株)
開発実験センター サスペンション実験部勤務
清家 洋平さん
2013年知能機械工学科(現:ロボティクス学科)卒業
愛媛県立伊予高校出身

世界シェアを誇る自動車部品の試験担当。
走りの品質を誰よりも早く確かめる仕事

KYBは自動車の快適かつ安全な走りを左右するサスペンション部品をはじめ、油圧技術を強みに発展してきた実力企業。清家さんは主力製品のショックアブソーバーという車体の振動を吸収する部品に関わります。開発中の部品を搭載した自動車を敷地内にある起伏のある山道やヨーロッパの道などが再現されたテストコースで試験。評価や分析まで行う責任の大きな役割です。「世に出る前に最先端技術を確かめる仕事はやりがいがあります。世界で約5台に1台が当社製品を採用。妥協はできません」と清家さん。自動車の研究がしたいと近大工学部を選択、ラジコンカーで車の挙動を実験するなど、体験的な授業も印象深かったそうです。

学生の街という環境で自由に学べた4年間。
やりたいことを絞り込める研究科目が豊富

近畿大学工学部への進学理由は、就職率の高さもポイントだったと清家さん。「研究室はクルマ好きが集まる面白い空間でした。パソコン授業や講義だけでない、実物に触れる授業も多かったですね」と楽しい学生生活を過ごせたそう。プライベートで車に乗る時も揺れや振動が気になってしまう清家さん。目標は国内だけでなくグローバルで活躍出来るようになること、と胸を高鳴らせます。

※上記は「学部案内2019」に掲載時の情報です。