• KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

活躍するOB/OG

化粧品の品質保証
女性のキレイを影から支える

上田さんの手にあるのは、自然派基礎化粧品「スペチアーレシリーズ」。超微小ナノサイズのエマルジョンが角質の奥深くへ浸透し、美肌環境を整える。

(株)ノエビア
知財・品質保証部勤務
上田 一美さん
2006年度 生物化学工学科(現:化学生命工学科)卒業
静岡県 浜松日体高校出身

色彩や香りに興味があったという、上田さん。将来は化粧品会社で働きたいと、化学のある本工学部へ進学。「大学は薬品や機械が整っていて、実験が思う存分できた!ここで学んで、実験が大好きになりました」という。ゼミでは天然有機化学を専攻。「道ばたの植物に、実は肌をキレイにする力があったら面白いなと、思いながら実験していました(笑)」。自然への関心が高かったこともあり、数ある化粧品会社の中でも、ノエビアの企業ポリシー「自然を科学する」にひかれて就職を決めた。

現在は商標と品質保証業務を担当。自社商品が他社の商標(商品・サービスの名前やマークなど)を侵害していないか、商品の安全面・品質面はどうか…。商品は海外でも販売されるため、海外製品についても商標調査を実施。また、商品の発売後も商品に責任が持てるように、日々データ取りや情報収集を行っている。「商品を長く愛用してもらえるように、企画段階から発売後まで細かくチェックしています。常に責任感を持って仕事に臨んでいます」と話す。

もともと女性にとって興味の強い化粧品。上田さんにとっては、化粧品は興味の対象から大切な存在に変わってきたという。だからこそ、仕事がますます楽しくやりがいがあると話す。「外見をキレイにすると、内面もキレイになる!それが化粧品の魅力」と上田さん。化粧品メーカーでイキイキと働く上田さんのキレイにもますます磨きがかかる。

センパイからひと言

いろんなことに挑戦を!私は化粧品の仕事に就くため、あえて苦手な化学を選びましたが、挑戦したことで面白さを知り、夢も実現できました。どんなことでも挑戦することに価値があり、それは必ずあなたの財産になりますよ。

※上記は「comimi2010」に掲載時の情報です。