学校感染症について(学校感染症治療証明書)

学校保健安全法に基づき、「学校感染症」(下表参照)と医師に診断された場合は、登校停止となります。
医師の指示に従い、登校許可が出るまで自宅で療養して下さい。

学校感染症一覧

種類 病名 出席停止期間の基準
ただし、医師が感染のおそれがないと認めた時は、この限りではない。
第一種 エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎(ポリオ)
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルス)
鳥インフルエンザ(H5N1型、H7N9型)
中東呼吸器症候群
治癒するまで。
第二種 インフルエンザ
(H5N1、H7N9および新型を除く)
発症した後五日を経過し、かつ解熱した後二日を経過するまで。
百日咳 特有の咳が消失するまで。又は、五日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
麻しん(はしか) 解熱した後三日を経過するまで。
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が出現した後五日間を経過し、かつ、全身症状が良好になるまで。
風しん(三日はしか) 発しんが消失するまで。
水痘(水ぼうそう) すべての発しんが痂皮化するまで。
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退した後二日を経過するまで。
結核 医師が感染のおそれがないと認めるまで。
髄膜炎菌性髄膜炎 症状により医師が感染のおそれがないと認めるまで。
第三種 コレラ
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症
※溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症、など
医師が感染のおそれがないと認めるまで。

もし、感染が疑われたら

感染の疑わしい場所や人との接触があり、咳やくしゃみ、発熱などの症状が見られたら無理に登校せずに、マスクを着用し最寄りの医療機関を受診するようにしましょう。

受診の際には必ず事前に医療機関に電話し、受診時間や受診方法の指示を受けてください。
外出を自粛する期間については、主治医の指示に従うようにしましょう。

● 感染症と診断された患者と同居している場合

  • 可能であれば、患者と別の部屋で過ごしましょう。
  • 患者と接する場合はマスクを着用し、手をこまめに洗うようにしましょう。
  • 患者の発症から1週間程度は自分も体調の変化に注意し、その間に症状が出た場合は、医療機関にその旨を電話で伝え早めに受診しましょう。

学校感染症と診断された場合

感染拡大を防ぐため、治癒するまでの期間は学校保健安全法により出席停止となります。
保健管理室(TEL:082-434-7008)または事務部学生支援課(TEL:082-434-7006、TEL:082-434-7007)へ速やかに連絡し、下記の事項を伝えてください。

  1. 氏名、学科、学年、学籍番号
  2. 病名、いつからその症状があったか、現在の状況
  3. 最後に大学に登校した日
  4. クラブ等の所属団体
  5. 連絡先

治癒後の手続き

感染症に罹患した場合は、日数にかかわらず、医療機関において「診断書」(療養期間の入ったもの)又は「学校感染症治癒証明書(エクセルデータ)」(大学所定様式をプリントアウトして使用)に証明を受け、保健管理室(A館1階・A103室)に提出してください。
欠席した授業や試験については、事務部学生支援課で指示を受けてください。

感染予防に努めましょう

● 日常でできる感染予防対策

  1. 帰宅後は手洗い、うがいを行いましょう。
  2. 日ごろから十分な睡眠を心がけましょう。
    体を休めることは免疫力を向上させることにつながり、病気にかかりにくくします。
  3. 日ごろからバランスの良い食生活を送り、免疫力を高めておきましょう。
    カップラーメンなどのインスタント食品だけで済ませたり、偏った食事は免疫力の低下につながります。野菜、魚や肉類、豆類、海藻類、キノコ類、イモ類、ゴマやナッツなどの種子類をバランスよく摂りましょう。その時期に採れる旬の野菜は栄養価が高いので、積極的に食べるように心がけましょう。

● 咳エチケット

  1. マスクを身につける。
    (自分自身の感染予防だけでなく、人への感染も防ぎます。)
    ※特にN95マスクはやや高価ですが、飛沫感染のほとんどを防ぐことができます。
  2. 咳やくしゃみをするときはティッシュなどで口や鼻を覆う。
    (使用したティッシュは適切に処理しましょう。)
  3. 咳やくしゃみをした後は必ず石鹸と流水で30秒以上手を洗いましょう。
    (アルコール製剤や手指消毒薬はより効果的です。)
  4. 人ごみを避け、また感染している人や感染が疑われる人との接触を極力避けましょう。

● 関連リンク

  1. 厚生労働省感染症情報
  2. 国立感染症研究所感染症情報センター
  3. 外務省海外安全ホームページ