「魅力ある建築物創造事業パネル展示会2017」が開催されました

1月23日(火)~1月29日(月)、工学部メディアセンター1階にて、広島県主催の「魅力ある建築物創造事業パネル展示会2017」が開催され、「ひろしま建築学生チャレンジコンペ2017」受賞作品のパネル展示が行われました。
「ひろしま建築学生チャレンジコンペ」は、建築学生を対象に 「魅力ある建築物の創造に向けた人材育成」の一環として行う 公共建築物の設計コンペティションで、今年度で5回目を迎えました。県内外の建築を学ぶ学生から77作品が出展される中、近畿大学工学部建築学科から1点が入選しました。


こちらは、入選を果たした、建築学科4年 吉本 大樹さん(広島県立広島皆実高校出身)の作品です。
ランドスケープをコンセプトに、重なり合う雲を屋根で表現し、大自然の中で森にとけこむという発想で設計された公衆トイレです。他にも、入選作品が多数展示されていました。

  

建築学科オリジナルサイトでは、建築学科学生のコンペ受賞速報や全国トップレベルの一級建築士合格者数など、ご紹介していますので、是非ご覧下さい!