【情報学科】ウォーディッシュ合同会社特別講演

12月19日(火)、情報学科の講義『組織活動と情報システム』の特別講演を聴講しました。第6回となる今回は、ウォーディッシュ合同会社 代表社員で、近畿大学工学部 経営システム工学科(現:情報学科)卒業生の 三戸 鉄也 様を講師としてお迎えしました。

講演題目は「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と組織活動」

前半は、コンピューターの導入が組織活動にどのような影響を与えてきたか、また、認識アルゴリズムやハードウェアの性能向上が世の中に与えた影響について、経理業務を事例にお話しいただきました。

「RPAは雇用を奪うのか、組織に影響を与えるのか」をテーマに、グループディスカッションとグループ発表を行いました。RPAとは、事務系の業務をロボットにより自動化する技術のことです。

グループ発表では、“単純な事務処理はRPAに奪われる”“人手による経理会計業務はなくなる”という意見がある一方、“クリエイティブな仕事や職人的な仕事は残る”“RPAを管理する人材が必要になる”という意見がありました。

後半は、RPAで何ができるのか、RPAの特徴やその効果が期待できる業務について、お話しいただきました。RPAによって労働環境は改善し、日本が解決すべき課題「働き方改革」に影響をもたらすことがわかりました。これから社会人になる学生たちにとって、とても刺激になったのではないでしょうか。

三戸様、貴重なご講義をありがとうございました!