【図書館】学生選書の会でブックハンティングに行ってきました

近畿大学工学部では「学生選書の会」のメンバーを毎年度募集しており、定期的に、学生の視点で、学生の希望する書籍を図書館の蔵書として購入しています。(2017年度は約30人の学生が参加)

選書の会の活動として図書の選書を年3回行っており、内2回は学内でカタログを見たり、ネットで検索したりして購入を希望する書籍を選ぶのですが、年1回はメンバーと学外の書店に出かけて、直接本を手に取って見ながら選書を行っています。これを「ブックハンティング」といいます。

2017年11月23日(木・祝)に行った今年度のブックハンティングでお邪魔したのは、広島市にある「MARUZEN広島店」(天満屋八丁堀ビル7・8階)です。


こちらは広島県内最大級の規模の売り場面積を誇る大型書店で、今回参加した学生9人と職員2人は、それぞれ1時間半をかけて本を選びました。

ブックハンティングの際には、「ハンディ」と呼ばれる機械を書店で借り、本のバーコードを読み込むことで、後日、学生たちが選んだ書籍の情報(タイトル、出版社、価格など)をデータで確認できます。

学生たちは工学系や科学系の専門書の他に、小説などの読み物、資格や教職関係の本など、進路や就職活動に関係する実用書を多く選んでいたようです。一方職員は専門書、学生の息抜きになりそうな趣味の本(一人暮らしの学生向けの料理本など)を選びました。

学生の中には、100冊以上を選書した人もいます。他の人と重複して選んでいる本もあり、また、すでに大学図書館で所蔵している本もあるので、これから調査して、利用者の皆さんに貸出ができるようになるのは約2か月後となります。
楽しみにお待ちください♪

学生選書の会のメンバーになりたい方は、毎年6月頃に新年度のメンバー募集を図書館の掲示等で行いますので、ぜひ参加してください!