「起業と経営」最終発表会!

7月9日(水)、技術経営プログラム「起業と経営」(広島銀行寄附講座)で、学生たちのプランニングが進み、最終発表会を行いました。当日はコメンテーターとして広島銀行法人営業部の森下 浩明氏を迎え、次世代基盤技術研究所のメンバーもオブザーバーとして参加しました。

起業と経営最終発表会
学生たちが発案したビジネスプランは、「駐車場空き検索アプリ」、「Poduce Vision Company」、「おむつで検尿」、「地域密着型キャスティングプラン」の4つのテーマです。
どの案も柔軟な発想から生まれた斬新なもので、プレゼン内容も質が高く、発表までにかなり時間を掛けて仕上げていることが伝わりました。
起業と経営最終発表会2

発表後、川本 康平君(電子情報工学科3年)は、「いろいろな観点から意見やアドバイスをいただき改善点が発見できました。また他の発表を拝見し、自分では思いつかない発想があり、まだ実生活の中にビジネスチャンスがあるのではと考えさせられました。これからキャンパスベンチャーグランプリ(中国大会)とひろしまベンチャー助成金に向けプランニングに励みたい」とのこと。

キャンパスベンチャーグランプリとは、大学(大学院)、高等専門学校、短期大学、専門学校に在籍する学生、大学院生を対象にした大学発ベンチャーの支援を目的としたビジネスプランコンテストです。また、ひろしまベンチャー助成金も対象を広島県内に限定した、ほぼ同目的のコンテストです。

昨年度、本学部から受賞者がでました。(記事はこちらから)
今年も本学部から受賞者が出ることを期待します!!

【関連記事】
・広島銀行寄附講座(第1回)を聴講しました。
・広島銀行寄附講座(第2、3回)を聴講しました。
・広島銀行寄附講座(第4回)を聴講しました。