化学生命工学会の学生が「環境フェア」でボランティア

7月22日(土)、近畿大学工学部のある東広島市では「ひがしひろしま環境フェア2017」が開催され、本学からは、化学生命工学科の学生たちがボランティアとして参加しました。

環境フェアは、市民や企業に、広く“エコ”について関心と理解を深めてもらうことを目的に、東広島市生活環境部環境対策課などが実行委員会を務めて開催されているイベントで、エコをテーマにした色々な体験イベントや、地元企業による飲食ブースの出店などが行われています。
学生たちは、イベントの中の「夏休み自由研究相談コーナー」と「実験体験」を担当しました。

自由研究の相談には小学校1年生から6年生まで約20組、実験には約50組の小学生を含むご家族にご参加いただきました。

現在、化学生命工学会長を務める、化学生命工学科 2年 山﨑 海人くん(広島県立広島観音高等学校出身)に感想を聞きました。

「僕たち化学生命工学会は現在、1,2年生合わせて40人程度が所属しています。工学会では、新入生歓迎会や工場見学、大学祭での模擬店の出店など、学生が主体となってイベントを企画・運営しているのですが、特に僕たち化学生命工学会では、地域のボランティア活動にも力を入れています。」

「今回のイベントも代々の工学会の先輩たちから引き継いで参加していますが、僕たちの活動は、東広島市の職員の方や、地域の方からお声掛け頂いて参加することが多いので、地域との繋がりがとても大切です。先輩から引き継いだものだけでなく、もっと交流の範囲を広げて、キャンパス外での活動の幅が広がればと考えています。新しい企画にもどんどん参加していきたいです!」

山崎くん、ありがとうございました。

化学生命工学会では、今後も子ども向けのイベントとして、11/19(日)に開催される「こども未来フェスタin黒瀬」などに参加予定です。

今後もキャンパスブログで活動の様子を紹介します。
これまでの活動については、以下の「関連記事」からご覧ください。

【関連記事】
化学生命工学会の学生がラジオ出演しました
【化学生命工学会】エコネットひがしひろしまの活動報告会に参加
【化学生命工学会活動レポート】「第71回 山と水のグラウンドワーク」に参加!