建築学科で「空家再生プロジェクト」始動!

近畿大学工学部のある東広島市でも、他の中山間地域と同じように、住民の高齢化や若い世代の市街地への転出で、空家が増えているのをご存知ですか?

そこで、今回立ち上がったのが、工学部建築学科谷川 大輔先生(歴史意匠研究室)と、建築学科の学生たち!
「空家再生プロジェクト」と題して、空家のリノベーションや、公園の整備に取り組むことで、地域を活気づけようという目的で、2016年5月からプロジェクトを開始しました。

5/8(日)に第1回プロジェクトとして着手したのは、東広島市内の志和町(しわちょう)にある「志和みはらし公園」。
20160508_akiya-saisei-souko-zenkei
この公園を管理する二宮神社の宮司から谷川先生へ依頼があり、神社境内にある倉庫(空家)のリノベーションと公園の整備を、学生たちの協力の下、行うことになりました。参加した学生は建築学科の有志約50人。学年やゼミを超えて、希望者が参加しました。

当日は、まず、二宮神社の宮司 三宅さんからのご挨拶の後、谷川先生からワークショップの概要説明を行い、その後、5グループに分かれて3つの作業を分担して取り組みました。
20160508_akiya-saisei-gaiyou

こちらは、今回リノベーションする公園の倉庫から不要なものを撤去する作業班。
20160508_akiya-saisei-souko-souji 20160508_akiya-saisei-souko-souji2

一方こちらの班は、公園内の新しい設備として設置予定の“パーゴラ”の設計ワークショップ班。
20160508_akiya-saisei-pergola-workshop
パーゴラというのは日陰棚のこと。この公園では地域のお祭りや子どもたちの遠足でも使われるので、より使いやすい施設になるよう、休憩スペースとして設置予定です。

学生たちのアイデアはこんなにたくさん。
20160508_akiya-saisei-pergola-idea

そして最後は、公園の緑を増やすべく植樹を行ったグループ。
20160508_akiya-saisei-syokuju

作業終了後には、地域の方も一緒にバーベキューで打ち上げを行いました。
20160508_akiya-saisei-bbq1 20160508_akiya-saisei-bbq2

5/15(日)には同市の福富町の一軒家のリノベーションに着手します!
「空家再生プロジェクト」はまだ始まったばかり。
キャンパスブログでは今後も、このプロジェクトの動向を追いかけます!お楽しみに♪

20160508_akiya-saisei-syuugou
【関連記事】
建築学科に「ヒノキハウス」が登場!
第9回長谷工 住まいのデザイン コンペティションにおいて優秀賞を受賞!
工学部の学生が大工に!?~夏期集中講義「木材加工」~
古民家再生プロジェクト -茅葺き屋根の葺き替え 2015- その1
古民家再生プロジェクト -茅葺き屋根の葺き替え 2015- その2