ロボティクス学科から大道芸ロボット競技会に出場しました!

3/22(土)、東京の科学技術館において(社)日本機械学会主催の第17回ロボットグランプリ(大道芸ロボット競技会)が行われました。ロボティクス学科は全国的な競技会に初めて出場しました。
※出場前の準備の様子はこちら

全体 観客

今回出場したのはロボティクス学科 岡先生のゼミから知能機械工学科(現:ロボティクス学科)4年 岩井 悠司くん(山口県立熊毛南高校出身)と同4年 竹野 昌也くん(山口県立下松工業高校出身)。応援として同4年 中野 圭吾くん(広島県・如水館高校出身)が駆けつけてくれました。

気になる作品は、食べ物を食べさせてくれるロボット。人間の絵を描いた板を製作し、顔の部分に穴を開けて人間が顔を出し、ロボットの腕部分を遠隔操作して人間に食べ物を食べさせるという仕組みでした。

うまく動かすことができましたが、残念ながら入賞することができませんでした。

近畿大学工学部作品

入賞作品の中には、チャーハンを作ってくれるロボットなどがありました。
フライパンにご飯、具材を入れると自動的にフライ返しをしてくれてパラパラのおいしいチャーハンを作ってくれるというロボットでした。

今回惜しくも入賞とはなりませんでしたが、これからも経験を積み、ロボティクス学科から入賞作品がでることを期待しています!!

【関連記事】
ロボティクス学科から大道芸ロボット競技会に出場!
大学研究室訪問(知能機械工学科 岡教授、柴田講師)を行いました