• KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

近畿大学教育方針

本学は、未来志向の「実学教育と人格の陶冶」を建学の精神とし、「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人の育成」を教育理念として掲げてきました。この「建学の精神」と「教育理念」は、知識基盤社会へ転換しようとする21世紀の日本において、いっそう必要とされる理念であると自負します。

本学が、総合大学として各学部の特色を生かしながら、共に手を携えて目指そうとしているのは、「実学教育」と「人格の陶冶」の融合です。真の「実学」とは、必ずしも直接的な有用性を志向するだけではなく、その事柄の意味を学び取ることを含みます。現実に立脚しつつも、歴史的展望をもち、地に足をつけて、しなやかな批判精神やチャレンジ精神を発揮できる、創造性豊かな人格の陶冶を志向するものです。「自主独往の気概に満ち」、生涯にわたって自己の向上に励み、社会を支える高い志をもつことが「人に愛され、信頼され、尊敬される」ことにつながります。このような学生を社会に送り出すことが、これからの時代に、本学が目指す社会的使命であります。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

工学部では、近畿大学建学の精神に則り、持続可能な社会を築くための技術者・研究者として必要な高い人格と倫理観(人間性)、専門能力(専門性)及び国際化時代を生き抜く力(国際性)を実学教育のもとに育成します。このために、次のような人を求めています。

  • 工学部での学修に必要な基礎学力を有し、旺盛な学修意欲のある人。
  • 社会における互いの多様な価値観を理解し、これらを尊重することのできる倫理観のある人。
  • 自然との共生の大切さを理解し、社会に貢献できる新たな技術を創造しようとするチャレンジ精神のある人。
  • 国際的な視点に立って行動しようとする意欲のある人。

(入学者選抜の基本方針)

工学部では、上記に示す人材を選抜するために、複数の受験機会と多様な入試制度を設けています。

  • 推薦入試及び一般入試では、個別学力検査において、英語、数学、理科(物理、化学、生物より1科目選択)により基礎学力を有している人を選抜します。
  • C方式(大学入試センター試験利用)入試では、外国語、国語、数学、理科、地理歴史、公民により幅広い基礎学力を有している人を選抜します。
  • AO入試では、数学に関する模擬講義と確認テストに加え、面接及び出願書類によって、多面的、総合的な判定により、能力、適性、意欲を有している人を選抜します。
  • その他の推薦入試では、面接及び出願書類によって、総合的な判定により、能力、適性、意欲を有している人を選抜します。
  • 外国人留学生入試では、日本留学試験の活用と面接及び出願書類によって、基礎学力と意欲を有している人を選抜します。
  • 編入学試験では外国語、数学の記述試験と面接及び出願書類によって、基礎学力と意欲を有している人を選抜します。

また、工学部に入学するまでに、次のようなことを身につけていることが望まれます。

  1. 基本的なコミュニケーション能力
  2. 国語:基礎的な日本語の読解力、表現力、論理的な思考力
  3. 外国語:基礎的な語彙と構文を理解できる能力、考えを表現できる能力
  4. 数学:数学I、数学II、数学III(平面上の曲線と複素数平面・極限・微分法・積分法)、数学A、数学B(数列・ベクトル)
  5. 理科:「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

工学部では、教育目標である人間性、専門性、国際性を備えた技術者・研究者を育成するために、以下のようなカリキュラムを編成しています。

<基礎教育・総合科目>

人間・文化・社会・自然・環境・健康等、多方面にわたる科目を配置して、人間尊重と公共性の意識、国際的感覚、論理的思考力と課題設定・問題解決力、自己表現力とコミュニケーション力等をバランスよく育成し、幅広く調和のとれた豊かな教養と人間性を涵養します。

<基礎教育・外国語科目>

基礎学力を確実に身につけさせるために、習熟度別英語クラス編成としています。また、系統的な科目配置とバランスのよい講義、演習等を実施して、異文化への関心、実践的な語学力及び国際的視野を身につけ、国際性を育成します。

<専門教育科目>

分野及びレベル毎に階層化した専門基礎科目群と専門科目群、さらに分野間を繋ぐ科目群を系統的に配置し、幅広く応用可能な専門能力を身につけさせます。創成的内容を取り入れた演習・実験・実習と研究室での卒業研究等から産学連携の共同研究等を通して、産業界に貢献できる実践的な専門性を育成します。

<特修プログラム>

「情報技術」、「教育学」、「国際経営」の3つの特修プログラムを編成し、学際的な視野を育成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

工学部では、教育目標である人間性、専門性、国際性を備えた技術者・研究者の育成を最終目標としています。厳格な成績評価を行い、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。卒業までに身につけておくべき資質を、以下に示します。

  • 総合科目及び専門科目の履修を通じて高い人格と倫理観を培っているとともに、専門分野の知識を基礎として、専門領域を超えて課題解決に取り組む姿勢を身につけていること。
  • 技術者・研究者としての専門的能力を生かして、持続可能な社会を目指すための課題を発見・分析・解決する能力を身につけていること。
  • 表現力、論理的思考力、コミュニケーション力、さらには幅広い知識を活用して国際的視点に立って行動する能力を身につけていること。