• KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

工学部長あいさつ

学部長写真
工学部長 野村 正人

" 真の大学生としての力をつけた人材の育成 "と
" 地域活性化に貢献する人材の育成 "をめざして

近畿大学の建学精神は「実学教育」と「人格陶冶」であります。大学の骨幹をなす教育理念に「"人に愛される人"、"信頼される人"、"尊敬される人"の育成を掲げて、教育・研究を実践しております。総合大学である近畿大学には現在14学部48学科があり、卒業生は日本の産業界を初めとして幅広い分野において活躍しています。本学部は昭和34年に呉市に創設[工業化学科(現:化学生命工学科)、機械工学科設置]され、昭和37年に経営工学科(現:情報学科)、昭和40年に建築学科が設置されました。本学部は開学以来、50年以上の歴史を有し多くの卒業生を実社会に送り出しております。本学部は長きにわたり呉市に設置されてきましたが、平成3年には東広島市に工学部東広島学舎(工業化学科と建築学科を移設)を新設すると同時に、日本の産業界の流れに沿った新たな学科[電子情報工学科と機械システム工学科(現:ロボティクス学科)]を設置しました。さらに、平成6年には広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力、また高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うことを目的とした大学院[工業技術研究科(現:システム工学研究科)]を設置し、国内外の工業技術を支える多くの技術者ならびに研究者を輩出してきました。

現在、本学部では将来を築くための大学教育の継続的な改善を進めており、生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学となるべく、グローバルな教育システムの証しである日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を5学科が受けております。また、持続可能な社会を実現するため、社会のニーズを理解・認識し、それに応える革新的な人材を育て、予測困難で先行き不透明な時代を切り開く学術研究を行い、地域産業界に有為な人材を送り出しております。さらに、グローバル化時代といわれるなか、日本の大学生の内向き志向を変えるためにも、学生が社会で求められる専門知識、教養、コミュニケーション能力といった知的資源の向上ができる教育制度が必要であると考えております。そのような観点から、すでに本学では多分野にわたる目覚ましい国際化に対応すべく、教育理念のもとで「人間性」、「専門性」、「国際性」を有する多様な価値観を受け入れる教養ある人材と大学が地方自治体や地域住民と共同で地域社会の再構築をめざす地域活性化にも貢献できる人材の育成を長期的展望のもとで行っております。

地球規模でのエネルギー問題に端を発した温暖化対策などの環境問題及び日本を含む先進国などで問われている少子高齢化問題などの解決への道を実践学問である工学を認識し、切り開いていかねばなりません。本学部は次世代基盤技術研究所を中核として、地域産業のイノべーション創出に寄与すべく連携協定を締結している広島大学、産業技術総合研究所などの研究機関及び地元企業であるマツダ(株)、(株)サタケなどの企業との産学官連携を積極的に推進し、教育と実践型の研究を中心とした教育体制を整えた環境があります。このように本学部には、将来に向けた夢や希望を実現化できる環境があり、21世紀を担う優れた人材の育成に取り組んでおります。