学内システム・サービス

学外学習サイト

科学技術振興機構
情報リテラシー
日本語の技法
(授業で配布されたID・パスワード
を使用してください。)

 

学内無線アクセスポイントサービス(てくたまAP)

学内無線アクセスポイントサービス「てくたまAP」は、携帯、スマートフォン、タブレット(研究LANへ接続する必要のない端末)でWi-Fi接続することを想定したサービスです。

利用可能な場所はB館食堂、C館教室、H館メディアセンター、各学科棟です。
※学内無線アクセスポイントは建屋内に設置し、廊下での電波到達を調整しています。可能な限り建屋内で接続できるよう調整していますが、建屋内の接続を保障するものではありません。
規格
無線AP規格 2.4GHz Wi-Fi準拠 IEEE 802.11b/g/n
接続方法
@ 接続に必要な情報の収集
 接続に必要なアクセスポイント名(SSID)と暗号化キー(ネットワークセキュリティキー)を確認し
 ます。てくたまパスポートのインフォメーション(学生関係)に記載しています。
 (暗号化キーは毎年4月に更新します) 
A 接続端末の設定
 接続したい端末のWi-Fi機能を有効にし、アクセスポイント一覧からてくたまAPのアクセスポイント
 (SSID)である「KU-WNET120」を選択します。 次に、てくたまパスポートに記載の暗号化キーを
 入力し、無線LANに接続します。※プロキシの設定はありません。
B ユーザ認証(ブラウザ)実施
 無線LANに接続後、ブラウザを起動するとWeb認証ページに移動します。ユーザIDとパスワードを
 入力してログインします。
ユーザ認証解除(ログアウト)について
以下の場合、ユーザ認証が自動的にログアウトします。
・ユーザ認証後、8時間を経過した場合
・通信していない状態で60分を経過した場合
・棟を移動した場合
携帯・スマートフォンのセキュリティについて
スマートフォンにおいてもPCと同様にセキュリティ対策が必要です。キャリアによって状況が異なり、携帯やスマートフォンについての問い合わせ対応(サポート )はできかねますが、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)からセキュリティ情報を紹介します。内容をよく確認し注意して利用してください。
「スマートフォンのセキュリティ IPA」他
学内無線アクセスポイント(LAN管理)について
学内無線アクセスポイントに接続した機器は全て1つの学内無線LANグループになります。
一般的な注意事項ですが、無線は特殊な方法によりセキュリティ設定が破られることも考えられます。
必ずウイルス対策された端末で接続してください。